Now Loading...

歴史と四季が息づく、修学院。
詩仙堂
修学院離宮
鷺森神社
狸谷山
詩仙堂
下鴨神社
京都府立植物園
吉田神社
京都大学
真如堂
金戒光明寺
熊野神社
南禅寺
京都美術館
京都御所
塀・緑地帯
塀のある近隣の景観を引き込み敷地内は緑あふれるまちなみに
一乗寺堂ノ前町は、町名が示す通り、かつては寺院や御堂があった地だと推察されます。 現在も塀のある旧家が続くまちなみが残っており、敷地の入口や建物には塀を設け、景観の連続性、前面道路とのつながりを考慮してデザインしています。また、敷地は比叡山などの山裾に位置。山々の借景を活かすよう緑地帯や共用庭を計画し、住まう人や近隣にも配慮した“緑あるまち”を実現しています。敷地の入口から敷地内通路の左右に土壁風仕上げの塀を連続して設け、周辺の景観を敷地内に引き込み、近隣とのつながりを高めています。
ゆとり
駐車場は共用庭付近に集約ゆとりのある通路幅で事故リスクを低減
駐車スペースは、敷地中央部に位置する共用庭(回転場)付近に8台分を集約しています。出入口に面した西側の前面道路をセットバックして拡幅するとともに、敷地内通路は対面通行も可能な5m幅員とし、事故リスクの軽減や歩行者の安全性に配慮しました。敷石で施工しており、敷地全体のデザインクオリティを高め、連続性や統一感も演出しています。 前面道路から敷地内までゆとりのある道路・通路幅を実現。車両や歩行者の通行の安全性を高めるとともに、有事の際の消火活動や避難経路の確保にも配慮しています。
安全性・防犯性
隣接地も含めた有事の避難通路を確保住まう人や隣家にも配慮して計画
街路灯を設置した敷地内のみならず、近隣の安全性・防犯性も配慮して敷地全体を計画しました。東側避難通路は、隣地の有事の際、その住民が避難通路として利用でき、近隣防災にも貢献。東側隣地にある高さ2.5mの石垣の補強工事も行い、住まう人や隣家の安全性も確保しています。また、全棟隣地境界から1m以上の空地を設け、風の通り道を確保。窓や換気ダクトもできるだけ隣地向きに設置しない計画となっています。 近隣の安全性・防犯性、プライベートを配慮して全体の敷地を計画しました。街路灯は、まちなみの美しさも演出します。
連続性・統一感
水平ラインを強調したファサード 敷地内で統一された純和風の趣
各棟の外壁は塀と同じ土壁風仕上げ。腰部分に木調サイディングを施すことで、純和風住宅の趣を演出し、周辺環境に溶け込むシンプルなデザインで統一しています。スロープから目にしやすい軒天用。大屋根・付庇続性と統一感を持たせています。 全体の連続性と統一感とコンセプトに建物のファサード・外構をデザイン。一棟が大きく、邸宅のような高級感のある純和風住宅を実現しています。 ※1 軒天(のきてん)…外壁から外側に出ている屋根の天井部 ※2 付庇(つけひさし)…窓の上部に設ける屋根状のもの
間取り・レイアウト

〒606-8144 京都府京都市左京区一乗寺堂ノ前町2
7770234*66
完全予約制 現地には、係員が駐在しておりません。
見学をご希望の方は、必ず事前にご予約ください。